ムラング

 

ムラングの製法をご紹介

 パン屋さんでは、余りがちな卵白を使ってムラングを作ってはいかがでしょうか。
 マカロンもそうですが、卵白を使うレシピを持っておくと原材料を無駄なく使用できます。

 

 それでは、ムラングの製法をご紹介していきます。

ムラング|レシピ

 

 卵白…500g
 グラニュー糖…1000g
 塩…一つまみ

 

 卵白に塩を一つまみ入れ、ミキサーで泡だてていくき、しっかりしたメレンゲを作ります。

 

 そこにグラニュー糖の半量を入れさらに固いメレンゲを作ります。

 

 しっかりと固いメレンゲができたら、ミキサーからおろし残りのグラニュー糖を混ぜていきます。

 

絞り

 菊型の口金を付けた絞り袋にメレンゲを入れ、ベーキングシートを敷いた展板に絞り出していきます。

 

 絞り方は好みで良いですが、くるくると4回くらい渦巻きにデコレーションケーキの要領で12cmくらいに絞るのが一般的です。

 

スポンサードリンク
焼成

 焼成は、捨てガマで行います。
 90℃まで下がったオーブンで翌朝まで入れておきます。
 蒸気抜きのダンパーを開けておきます。

 

 焼き方は真っ白に焼くものと、ほんのり薄く焼き色を付けるものがあります。
 少し焼き色を付けるとほのかにカラメルの香りがつきます。
 真っ白に焼いたものは、綿あめのような軽さがあります。

 

 しかし、オーブンの調整が微妙でたとえば、3段のオーブンであれば上段、中段、下段で違ってきます。
 朝オーブンからだして、思ったより焼き色がついていたり逆に中がまだ湿っていたりします。

 

 何度か焼いていけばすぐにコツはつかめます。最初のうちは、あまり気にせず美味しく焼き上がっていればよいでしょう。コツがつかめたら上手く焼きわけていきましょう。

保存

 シリカゲルを入れて、PP袋などに入れておけば2〜3週間は日持ちします。
 3〜4個を袋詰めにして、ビニールタイなどで口を締めて販売してもいいでしょう。

 

まとめ

 

 配合はこれ以上ないほどシンプルですが、焼き上がった製品は驚くほど繊細で美味しいです。
 ブラックコーヒーと一緒に食べると口どけを楽しめます。

 

 また、余りがちな卵白を使用して作る製品なので無駄なく原材料を使いきることもできます。

 

 これらのことから非常に付加価値が高い製品ではないかと考えます。

 

 そして、販売方法としても焼き菓子としての袋売りはもちろん、シャンティークリーム(砂糖を入れホイップした生クリーム)と組み合わせてケーキとして提供もできます。

 

 是非、一度お試しください。

 

 

 

原材料調達でお困りの方はコチラから→

スポンサードリンク

 

 

ブログのご紹介
家庭用製パン法や個人的な日記も掲載しています。サイトとあわせてご活用ください。

パン好人の実用知識

 

 

合わせてお読みいただきたいページ

ごまのチュイール
ごまのチュイールのレシピを解説していきます。
マカロン ココ
ココナッツを使ったマカロンのレシピを解説していきます。
ガレット・デ・ロワ
エピファニーをお祝いするパイ菓子のガレット・デ・ロワを解説していきます。
フロレンティナー
フロランタンとも呼ばれるアーモンド入りのキャラメルをトッピングした焼き菓子の製法解説
サブレ・ディアマン
サブレ・ディアマンの製法を解説していきます。
ビアリッツ
独特の歯ごたえとクベルチュールの絶妙なハーモニーを楽しめる焼き菓子ビアリッツ(Biarritz),製法レシピをご紹介。タンプルタンについても簡単に解説しています。
ごまのクッキー|アイスボックス
ここでご紹介するクッキーは卵の代わりに生クリームを使うことでやさしい口どけを目指します、ごまの香りがアクセントになり後引く美味しさです。

ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME プロフィール お問い合わせ