生地原価

 

パン生地1gの原料原価を計算していきます。

 今回は、1gの生地原価を出してみましょう。

このような配合があったとします。
この生地の1gあたりの原価を出していきましょう。

 

VLOOKUP関数をつかって原価表から原料の1g原価を探し出します。
品名欄の中から原材料欄の名前と一致する行の何列目かの値を返してくれる関数です。
ここではJ4(小麦粉A)を表(B4:E14)の一番左の列から探し出し、表の4列目の0.12という値をかえしてくれます。その値にベーカーズ%を掛けた数値を使用原価とします。

下の行に、コピーしていきます。

 

ココで、前回そのままにしたエラー処理をしていきます。
IFERROR関数を使います。
といっても簡単です。
IFERROR(式、エラー発生時の値)となります。

この場合、エラー発生時””という値にします。
何も表示しないという値になります。

このようになります。
合計を出していきます。

さらに、原価合計をベーカーズ%の合計で割って1gあたりの原価を出していきます。
汎用性を考え生地名は配合表のタイトルを代入します。

 
式を入れていきます。

桁数が多いです。

丸めます。

全体を調整していきます。

 

スポンサードリンク

いかがですか?
ほんの少しの関数の利用で簡単に原料原価計算ができてしまいます。
VLOOKUP関数を使い慣れてくるとさらに便利な表を作成できるようになるので、さまざまな場面で使っていくとよいでしょう。

 

エクセル無料サンプルシート

この項でご紹介しているシートをダウンロードできます。
バージョン別のテストだうんはしておりませんが、マクロを使用していないこと基本的な関数のみ使用していることから問題なく表示できると思います。

 

そのままのご使用も可能ですが、エクセルの演習用として参考程度にお使いください。

 

ダウンロードページ

 

 

 

 

 

原材料調達でお困りの方はコチラから→

スポンサードリンク

 

 

ブログのご紹介
家庭用製パン法や個人的な日記も掲載しています。サイトとあわせてご活用ください。

パン好人の実用知識

 

 

合わせてお読みいただきたいページ

原価表作成
エクセルを活用して簡単な原料原価計算をしてみましょう。
エクセルシートの作成の考え方
エクセルを使って表を作っていくときの基本的な考え方を解説していきます。

ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME プロフィール お問い合わせ