本から得る知識

 

プロに近づくためのパンの教科書はどんな本?

プロに近づくためのパンの教科書を読んでみた感想をお伝えしていきます。

 

本全体の印象

本の全体の印象としては、特に原材料について非常に詳しく書かれています。本全体の40〜50%は小麦粉や砂糖、塩わもちろん、水の硬度にまで触れています。

 

プロでも理解していない人が多いのではないかと思うような内容です。

 

著者は、大学時代酵母の研究をされていたという掘田誠氏です。

 

シニフィアン・シニフィエの志賀シェフに師事していたようで、レシピを見ると非常に吸水が多く志賀シェフの影響なのかなと思いました。

スポンサードリンク

工程は少し難易度が高そう

 

先にも述べましたが、多加水であるため難易度が高そうです。
工程写真は十分な枚数を掲載していますが、実際に作り始めると戸惑う方も多いのではと感じました。

 

しかし、チャレンジングではありますが著者の伝えたい熱意のようなものを強く感じました。

 

パンを作り慣れている、中級者以上の方にお勧めの書籍です。

 

 

 

原材料調達でお困りの方はコチラから→

スポンサードリンク

 

 

ブログのご紹介
家庭用製パン法や個人的な日記も掲載しています。サイトとあわせてご活用ください。

パン好人の実用知識

 

 

合わせてお読みいただきたいページ

製パンにおける本の選ぶコツ
私の考える、本の選び方のコツをご紹介していきます。
職人としてのカッコよさ|河田 勝彦氏を読む
名店オーボンヴュータンの日本を代表するパティシエ河田勝彦氏の著書 伝統こそ新しいの書評です。
フランスパン・世界のパン|本格製パン技術
ドンクが解説するドンクのパン、今は一般的に行われている製法も詳しく解説されている良書です。
フィリップ・ビゴのパン|おすすめ書籍
書籍フィリップ・ビゴのパンの魅力をご紹介していきます。

ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME プロフィール お問い合わせ