パン職人の実用知識

サイト作りの概要解説

サイトを作りたいと思う方も年々多くなってきています。

 

様々なサービスも提供され、無料でサイトを作ることも簡単にできてしまいますが
ここでは、ご自分でサイトを立ち上げてみたいという方のために簡単なサイト作りの概要を解説していきます。

 

どんなサイトがいいのか?メリット・デメリットは?

 

まず、ここで解説するサイト作りはブログなどのような日記をウェブ上にアップしていくようなサイトは適していません。

 

なぜなら、日記などは現在SNSなどが発達しているためわざわざ手間をかけて作らなくても最適な環境を無料で提供されているからです。

 

ここでは、情報提供型のサイトが適しています。
たとえば、このサイトのようなパンの作り方をパン職人の立場から解説するようなサイトということになります。

 

また、自分でサイトを立ち上げることは、サイトを所有することを意味します。
サイトを所有することで、自分のルールで運営することができます。

 

多くのブログサービスでは、広告の掲載を規制されていたりといわゆる”しばり”があります。

 

自分で運営することで全く自由にすることができるため、広告掲載などの自由度が大幅に上がります。

 

ただ、自分で運営することでやはり運営費がかかります。

 

具体的には、ドメイン代やサーバー代が運営費にあたります。

 

それでは順を追ってみていきましょう。

 

ドメイン

ドメインとは、いわゆるアドレスです。

 

http:// から始まる文字列です。このドメインはドメインを提供しているサービス会社から借りることができます。

 

好きな文字列で、ほかに使用者がいなければ借りることができます。

 

費用は100〜3000円/年程度です。

 

私は、ムームードメインというドメイン提供会社から借りています。
ムームードメイン

 

レンタルサーバー

作ったサイトを入れておく入れ物のようなものがサーバーになります。

 

サイトを作ったら、サーバーにアップロードすることで世界中でサイトを閲覧することができるようになります。

 

私が使っているレンタルサーバーはロリポップというレンタルサーバーを使っています。

 

このサーバーに取得したドメインをくっつけることでサイトとして完成します。

 

サーバーが家ならばドメインは住所というような関係です。

 

最初のうちはお手頃なライトプランで十分だと思います。
ロリポップ!

 

サイト作成ツール

サイトはhtmlというプログラムで書かれています。

 

この言語を習得するのには大変な苦労が必要ですが、ツールを使うことでまるでwordで文書を作る感覚でサイトを作成することができます。

 

私が使っているツールはSIRIUS(シリウス)という名前のツールです。

 

【上位版】次世代型サイト作成システム「SIRIUS」

 

コチラのツールは通常版と上位版がありますが、通常版はスマホ対応していないため上位版を強くお勧めします。

 

私のサイトの場合アクセスの半数以上がスマホからのアクセスになるためもはやスマホ用に最適化できないツールは価値がありません。

 

まとめ

ざっと、サイト作りに必要なものを列挙してみましたが今ご説明したものさえあればサイトを作ることは簡単にできてしまいます。

 

細々した事は、また改めてご説明していきますが基本的なものは、ドメイン、サーバー、ツールがあればOK!ということになります。

 

この次から、さらに掘り下げて解説していきます。

 

 

合わせてお読みいただきたいページ

ドメインの解説
ドメインについて解説していきます。

ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME プロフィール お問い合わせ