原価計算の基礎

 

労務費の計算について解説していきます。

 労務費とは、労働力を使うことによって発生する原価を指します。
 では、原価計算ではどのように扱うか見ていきます。 

 

直接労務費と間接労務費

 原価計算では、直接労務費と間接労務費とに分類することから始まります。

 

 意外と解りやすいかと思いますが、パン屋の場合パンを作ったら直接労務費になります。
 間接労務費は、事務員や管理職が該当します。

 

 間接労務費はそのまま集計してしまいます。

 

 直接は、少し面倒臭いです。

 

スポンサードリンク

 

直接労務費の計算

 直接労務費は、どのように計算するかというと。

 

 賃率×直接作業時間

 

 になります。

 

 賃率とは、製造作業をしている人の賃金を就業時間で割ったものです。
 規模が大きい場合作業場ごとに算出します。
 そうでない場合は、全体の賃金を就業時間で割ります。

 

 直接作業時間とは、直接製造に携わった時間になります。
 掃除や準備時間や作業の合間の時間などは含みません。

 

 ここがポイントです。
 賃率は、就業時間で割って算出しますが、直接労務費は、賃率に直接作業時間をかけて算出します。

 

 差額は、間接労務費になります。

 

 多くの工場では、作業日報を付けていると思いますが、まさにこの労務費の計算のためにあるのが作業日報になります。

 

 勤務時間の内訳

 勤務時間の内訳をここで少しふれておきます。
 この勤務時間の内訳を知っているだけでも、原価計算の事を理解しているなと思われますよ。

 

 勤務時間とは、出勤から退勤までのすべての時間を指します。

 

 勤務時間から休憩時間を引くと、就業時間になります。

 

 就業時間には、切り替え時の待ち時間なども含みます。
 この手待ち時間を引くと実働時間になります。

 

 さらに、実働時間から準備時間や清掃の時間を引き去ります。
 つまり実働時間から間接作業時間を引くと直接作業時間が出ます。

 

まとめ

 労務費について見てきました。
 製品原価を抑えると利益が最大化していきます。

 

 このように少しずつ分けていくと原価がだんだん見えてきます。

 

 利益を最大化するためには、さまざまな方法があることが分かると思います。
 ここを理解して日々の仕事にあたるのと、そうでないのとには大きな隔たりがあり
 あなたの将来に大きな違いを与えると思います。

 

 このサイトではほんの基礎的な事柄の紹介になりますが、詳しく勉強したい方は是非とも書店にあしを運ぶなどして、勉強してみてください。

 

 

原材料調達でお困りの方はコチラから→

スポンサードリンク

 

 

ブログのご紹介
家庭用製パン法や個人的な日記も掲載しています。サイトとあわせてご活用ください。

パン好人の実用知識

 

 

合わせてお読みいただきたいページ

原価計算とは
原価計算の必要性や効果について簡単に解説していきます。
原価の3要素
原価を三つ要素に分けて解説していきます。
直接費と間接費
原価計算の直接費と間接費について解説していきます。
変動費と固定費
変動費と固定費ついて解説していきます
原価計算の種類と活用法
原価計算の種類と活用方法について解説していきます。
見積原価と標準原価
事前原価計算の見積原価と標準原価の違いを解説していきます。
実際原価
実際原価とは何かを解説していきます
実際原価計算
実際原価計算の手順について解説していきます。
材料費の計算
材料費の計算について解説していきます。
経費の計算
経費の計算について解説していきます
部門別原価計算
部門別集計について解説していきます
製品別原価計算
製品別原価計算について解説していきます

ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME プロフィール お問い合わせ