ハードロール

 

ハードロールの製法を解説していきます。

 バターロールをセミハードにアレンジしたパンである。朝食用のパンとして、バターロールでは重たさを感じるときなどに重宝する。
 成形もバターロールのように巻いてもいいし、クッペ形や丸形でも良いだろう。
 配合も好みで調整していくとよい。

 

ハードロール|レシピ

 

強力粉…100%
上白糖…5〜8%
塩…1.8〜2%
卵黄…3〜5%
脱脂粉乳…4%
バター…4〜6%
生イースト…2%
水…52〜55%

 

ミキシング

縦型ミキサー使用で通常のミキシングイメージで良い

 

1速−3分 2速−3分 ↓油脂 1速−2分 3速−4〜5分

 

捏ねあげ温度は26℃を目標とする。

 

スポンサードリンク

 

フロアータイム

30℃の環境で、90分途中60分経過時点でパンチを入れる。

 

分割

食事用と考えると50g前後が適当である。

 

成形

特に決まりはないので、好みで成形を行う。
しかし、あまり複雑な成形は食感を悪くする。

 

ホイロ

温度32度
湿度75%
の環境で60分を目途に行うが、成形によって多少調整が必要である。

 

焼成

スチームをカマ入れ後に弱めに入れる。
220℃で15〜20分程度で焼き上げる。

 

まとめ

 ハードロールの製法をご紹介した。
 朝食にはちょうど良いパンだと思う。しかし、前日焼成だと多少固く感じる人もいるかもしれない。オーブンなどで温めなおして提供できる環境であれば最適だと思う。
 ホテルの朝食やレストランのモーニングサービスにも良いだろう。

 

 このようなパンにも注目が集まるようになれば、パンの消費も自然に増えていくのではないかと考えている。

原材料調達でお困りの方はコチラから→

スポンサードリンク

 

 

ブログのご紹介
家庭用製パン法や個人的な日記も掲載しています。サイトとあわせてご活用ください。

パン好人の実用知識

 

 

合わせてお読みいただきたいページ

カイザーゼンメル
カイザーゼンメルの製法を解説していきます。
フォカッチャ
フカッチャの製法を解説していきます。
スミット|リング状に焼いたセミハード
トルコで食べられているスミットの製法を解説していきます。
パン・ヴィエノワ
1840年代にパリ駐在のオーストリア大使館員が作らせたパンのようである。細かなクープが特徴的で60cmと長いものはバゲット・ヴィエノワとよばれ小さいものはプチパン・ヴィエノワと呼ばれているようである
ブレッツェル
ドイツのパン屋さんの象徴的なパン、ブレッツェルの製法を解説していきます。
パン ブリエ
もともとは、航海のときに日持ちのするパンということで需要があったパンです。 ここでは、パートフェルメンテを使用した製法をご紹介します。
イングリッシュマフィン
イングリッシュマフィンの製法を解説していきます。
タイガーロール
以前はダッチトッピングと呼ばれていましたが、タイガーという名前が一般的になってきました。上新粉を使った生地を刷毛でぬり焼きあげます。
ツヴィーヴェルブロート
フライドオニオンを使ったライ麦入りのセミハード系パンの製法解説

ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME プロフィール お問い合わせ