実際原価計算

 

実際原価計算の概要

実際原価計算の概要、手順を解説していきます。

実際原価計算のルール

 初めに、実際原価計算のルールについて解説していきます。

 ルール1|原価単位

 原価単位とは、簡単に言うと製品一個ということになります。
 たとえば、クロワッサン一個とか食パン一斤とかが、1単位になります。
 5個入れのバターロールは、1袋になります。

 

 ある製品は10個単位、またある製品は、1個単位と基準をずらしてはいけません。
 仮に10個単位を採用するのであれば、全商品10個単位にしてください。
 そうしなければ、正確な比較が難しくなってしまいます。

 

 明確に原価単位を決め例外を作らないでください。

 

 この原価単位が基礎単位になります。

 

 反対に、原価単位で集計された原価を単位原価と言います。

 

スポンサードリンク
ルール2|原価計算期間

 原価計算を行う期間になりますが、通常1カ月単位です。
 決算は、年に1度なのになぜ原価計算は、一か月なのでしょうか?

 

 それは、原価を取り巻く状況は常に変化しているからです。
 さまざまな社会状況に影響を受け、ものの値段も変化していきます。
 また、製造スタッフの変動もあるでしょう。
 このような変化に対応するため、比較的短い期間を設定します。
 こうすることで、気づいたら赤字だった、などということにならないようにします。

ルール3|集計手順

 次は、集計手順です。

 

 単位原価を求めるとき、一気に計算することは困難です。
 ですので、段階ごとに分けて計算していきます。

費目別原価計算

 一番最初に計算するのは、費目別原価計算になります。
 費目別とは、材用費、労務費、経費の原価の3要素に分けていくことです。

 

 3要素ごとに実際に発生した原価を集計していきます。

部門別原価計算

 費目別に分類した原価をさらに部門ごとに分けていきます。
 直接製造に関わる原価を製造部門にし、その他ので発生した原価を補助部門にします。
 小規模な会社の場合は、部門別原価計算は省略できます。

製品別原価計算

 最後が、製品別原価計算になります。
 費目別、部門別に分けた原価をさらに製品別に集計していきます。
 この集計した原価を製造製品数で割ると1製品あたりの原価が出ます。

 

 つまりこれが、単位原価になります。

原材料調達でお困りの方はコチラから→

スポンサードリンク

 

 

ブログのご紹介
家庭用製パン法や個人的な日記も掲載しています。サイトとあわせてご活用ください。

パン好人の実用知識

 

 

合わせてお読みいただきたいページ

原価計算とは
原価計算の必要性や効果について簡単に解説していきます。
原価の3要素
原価を三つ要素に分けて解説していきます。
直接費と間接費
原価計算の直接費と間接費について解説していきます。
変動費と固定費
変動費と固定費ついて解説していきます
原価計算の種類と活用法
原価計算の種類と活用方法について解説していきます。
見積原価と標準原価
事前原価計算の見積原価と標準原価の違いを解説していきます。
実際原価
実際原価とは何かを解説していきます
材料費の計算
材料費の計算について解説していきます。
労務費の計算
労務費の計算について解説していきます
経費の計算
経費の計算について解説していきます
部門別原価計算
部門別集計について解説していきます
製品別原価計算
製品別原価計算について解説していきます

ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME プロフィール お問い合わせ