衛生管理(IV)

 

食品添加物について解説していきます

 食品添加物とは、食品を加工する際に使用する着色料や保存料などをいいます。
 食品添加物は、原則として食品衛生法で指定されたもの以外は使用できません。さらに、使用できる食品添加物も目的や使用できる食品、使用量などが細かく規定されています。

 

食品添加物の目的と種類

食品添加物はさまざまな種類や用途があります。大きく分類すると以下の4つに分類できます。

  1. 食品加工に必要なもの
  2. 保存性の向上と食中毒の予防
  3. 食品の魅力向上
  4. 食品の栄養価を強化するもの

さらに、どのようなものがあるか見ていきましょう。

 

スポンサードリンク
食品加工に必要なもの

豆腐凝固剤、かんすい、ガムベースなど

保存性の向上と食中毒の予防

殺菌料、保存料、酸化防止剤、防かび剤など

食品の魅力向上

着色料、香料、甘味料、調味料、増粘剤など

栄養価を強化するもの

ビタミン、ミネラルなど

 

食品添加物の取り扱いの注意点

食品添加物は、使用基準をしっかり守り違反や事故を起こさない事が大事です。

  1. 食品添加物の知識を持ち、必要最小限の使用に努める。
  2. 「食品添加物」と表示のある製品を使用する。
  3. 使用基準を順守する。
  4. 添加物の計量は細心の注意を払い、混ぜこむ場合は均一に分散させる。

 

食品添加物を使用した食品の表示

原則として、使用した添加物はすべて表示します。
表示方法は以下の通りです。

  1. 添加物の物質名を表示することが基本となります。
  2. 省略もみとめられています。(L−アスコルビン酸ナトリウム→ビタミンC や V.C)
  3. 甘味料、着色料、保存料、糊料、酸化防止剤、発色剤、漂白剤、防かび剤の8種類は用途と物質名の両方を表示することになっています。
  4. 一括名での表示も認められています。(香料・膨張剤・調味料など)
  5. 使用目的によって表示の免除されているものもあります。(キャリーオーバーや加工助剤)

原材料調達でお困りの方はコチラから→

スポンサードリンク

 

 

ブログのご紹介
家庭用製パン法や個人的な日記も掲載しています。サイトとあわせてご活用ください。

パン好人の実用知識

 

 

合わせてお読みいただきたいページ

食中毒の分類
食中毒の分類について簡単にまとめていきます。
食中毒の症状と予防策(I)
食中毒の症状と予防策について簡単に解説していきます。
食中毒の症状と予防策(II)
食中毒の症状と予防策(II)です。引き続き解説していきます。
食中毒の症状と予防策(III)
ウイルスによる食中毒およびその他の食中毒について解説していきます。
衛生管理(I)|食品保存
衛生管理(I)食品保存を解説していきます。
衛生管理(II)|腐敗と変敗
食品の腐敗と変敗について解説していきます。
衛生管理(III)|洗浄と消毒
洗浄と消毒について簡単に解説していきます。
衛生管理(V)|器具・容器包装
器具・容器包装について簡単に解説していきます。
衛生管理(VI)|食品表示
食品の表示について概要を解説していきます。
衛生管理(VII)|施設・設備
施設・設備の衛生管理について解説していきます。
衛生管理(VIII)|HACCPによる衛生管理
HACCPによる衛生管理について簡単に解説していきます。
クレームの対応
クレーム対応について簡単に解説していきます。
食品事故の対応
食品事故の対応について簡単に解説していきます。
PL法(製造物責任法)
PL法(製造物責任法)について簡単に解説していきます。

ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME プロフィール お問い合わせ