クープナイフの扱い方

 

クープナイフの扱い方について解説

 クープナイフの扱いは慣れるまでなかなか苦労する。

 

 しかし、ちょっとしたコツをつかむと意外なほど扱い安くなるので少し解説していく。

 

持ち方について

 まず、持ち方について確認していく。
 クープナイフの持ち方は、2通りある。
 フランスパンなどは、刃が底面とほぼ並行に構える。
 一方、その他の飾り切りなどの場合は底面に対し垂直に構える。

 

 次に指の使い方を確認していく。
 普段、どのように持っているだろうか?
 人差し指と親指2本で持っていないだろうか?

 

 慣れてくると、人差し指と親指でも上手にクープを入れることができるがやはり安定感に欠ける。

 

スポンサードリンク

 

 どのようにすれば安定させられるかというと中指を上手く使うのである。
 フランスパンの場合は、クープナイフを親指と人差し指で軽くはさみ、人差し指に添えるように中指を置き、刃先に力がかかっても動かないように中指の先で押さえる。
 この中指でクープナイフの先の力加減を行う。

 

 底面に対し垂直に構える場合は、親指と中指ではさみ、人差し指を押さえに使う。
 力加減は、中指を使う。このとき中指はクープナイフの柄の側面ではなく立てにあたっている。はさむ力で抑えるのではなく、てこの原理を使うのである。

 

 このように持ち方一つでも、ぐっと技術向上できるので試してみてほしい。

 

 

 今回の説明は、薄い鋼のホルダーにカミソリを装着したクープナイフの説明である。
 太い柄のものも市販されているようであるが、私には使いずらく感じるのでほとんど使用していない。
 あくまでも、薄い柄のものについての説明であるので、太い柄ではまたちがったコツがあると思われるがここでは説明はさけておく。

 

 

原材料調達でお困りの方はコチラから→

スポンサードリンク

 

 

 

ブログのご紹介
家庭用製パン法や個人的な日記も掲載しています。サイトとあわせてご活用ください。

パン好人の実用知識

 

 

合わせてお読みいただきたいページ

フランスパン|ストレート法の仕込み
ストレート法のフランスパンの仕込みについて解説していきます。
フランスパン|ストレート法の分割〜焼成
ストレート法のフランスパンについて各工程を解説していきます。
フランスパン(ストレート法)|レシピ
フランスパン(ストレート法)レシピのまとめです。
フランスパン(ポーリッシュ法)|仕込み〜
ポーリッシュ法によるフランスパンの製法について解説していきます。
フランスパン|パート・フェルメンテ法
パート・フェルメンテを使ったフランスパンの製法を解説していきます。
クープの開きについて
クープの開きについて考察していきます。
長時間発酵法のフランスパン
長時間発酵法(6時間発酵)のフランスパンの製法を解説します。
リュスティック
生地を捏ねずにパンチを繰り返すことで作っていくリュスティックの製法を解説していきます。

ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME プロフィール お問い合わせ